カテゴリ:アルバム( 93 )

e0002850_23244891.jpg

パリ案内の本やTVで知って、行きたかったムフタール通り。
学生街として知られるカジュアルな場所のようです。

e0002850_23262355.jpg

常設の市場にはいろいろなお店があって、カラフルで楽しい。
あっちこっち、きょろきょろ。

e0002850_23271071.jpg
e0002850_23283248.jpg

e0002850_23301552.jpg

このお店がとっても気に入りました。
服やアクセサリー、小物などかわいいものがいっぱい。
ポーチ、ネックレス、財布、服などを購入しました。

e0002850_23314199.jpg

ちょっと横道に入ったところのレストランでランチ。
トマトもお肉もパンも、おいしかった♪

e0002850_2345412.jpg

食事しながら見上げた空。

e0002850_23322661.jpg

持ち帰り鶏の丸焼きが、こんなにたくさん。

e0002850_035529.jpg



この後、圧巻のモンマルトルへ向かいます。
[PR]
by moon-pon | 2012-09-14 23:54 | アルバム | Comments(4)

e0002850_20414536.jpg

8月25日(土)、パリ北部にあるクリニャンクールと南部にあるヴァンヴとどっちの蚤の市に行こうか迷って、ヴァンヴへ行くことにしました。

地下鉄に乗るのは、ドキドキします。
地下鉄の車内では、トランペットを吹いている人がいるかと思えば、乗り込んできたかと思ったら突然みんなに向かって大きな声で話し、お金をもらう人もいました。
失業者かな・・・と思いましたが、フランス語は全く理解できないので真実はわかりません。
何か話したあと、歌を歌う人もいました。
歌が終わると、隣の車両へ乗り換えていってまた歌っていたようです。

e0002850_20424533.jpg

ヴァンヴの蚤の市は、土日の朝からお昼すぎくらいまで開催されているそうです。
生活用品や家具などのお店が多いそうです。

e0002850_20441100.jpg

お店の人たちは、リラックス。
お昼近くの時間になると、お店の人たちの中には、バゲットとチーズとハムを近くで買ってきて、ワインと共に食べているのが見られました。おいしそうだったな・・・。

e0002850_20444461.jpg
e0002850_2045249.jpg
e0002850_2046926.jpg
e0002850_20464792.jpg
e0002850_2047293.jpg

このお人形のディスプレイはとてもインパクトがありました。
年配の女性がこの中のお人形を手に取っていたら、お店のおじさんが、「これは売りものじゃない。飾ってあるんだ。」と怒っていました(・・・と思います)。

e0002850_20481021.jpg

街路樹に沿った歩道上に、ぎっしりとお店が並んでいました。

e0002850_2048555.jpg

せっかくの機会なので、私と娘も買物をしました。
何を買ったかは、また後日お伝えしたいと思います。
値切るのも楽しい経験でした。

このあと、行きたかったムフタール通りへ向かいます。
[PR]
by moon-pon | 2012-09-12 21:15 | アルバム | Comments(8)

地下鉄に乗って、アラブ世界研究所へ向かいました。
建物がユニークで、壁面のガラスパネルは太陽光に応じて自在に変化するとか。
展示の仕方も興味深いものがありました。
サン・ルイ島に渡りポンピドゥーセンターを目指して歩きます。

e0002850_1354264.jpg

ノートルダム寺院の後ろ姿が見えます。

e0002850_13552159.jpg

かわいい文具屋さんがありました。
店内には魅力的なモノがいっぱいあったのに、これからいっぱい歩いていくので買い控えてしまったことを後悔します。

e0002850_13552839.jpg

素敵な看板♪

e0002850_13561929.jpg

落ち着いた素敵な街並みのサン・ルイ島。
高級住宅地だとか。

e0002850_1357116.jpg

気持ちよく散歩。

e0002850_13581382.jpg
e0002850_14215129.jpg

寄り道しながら、ポンピドゥーセンターに到着しました。
以前見たときは新鮮でしたが、かなり年数が経った印象を受けました。
美術館へ入るのにずいぶん迷ってしまいました。

e0002850_14282522.jpg

様々な作品があり楽しめました。

e0002850_14294751.jpg

建物の内部も面白い。

e0002850_1430339.jpg

e0002850_1431242.jpg
 
屋上は見晴しも良く、気持ちいい場所。
パリ全体が見通せます。

e0002850_14314961.jpg
e0002850_14322435.jpg

ポンピドゥーセンター前の広場は25年前と同じようににぎわっていました。

e0002850_14331317.jpg

鳩がいっぱい。
突然大きな爆音が鳴り響いて、戦闘機がかなり低く飛んでいき驚きました。
それも二度も。
鳩たちも一斉に飛び立ちました。

e0002850_143350100.jpg

この後、マレ地区を歩きました。
[PR]
by moon-pon | 2012-09-09 15:06 | アルバム | Comments(4)

8月23日(木)
ルーブル美術館へは、ホテルから歩いていきました。
地図を片手に、セーヌへ向かって。
e0002850_093447.jpg

ルーブルについてのメモを参考に、モナリザへ向かいました。

リヴォリ通り99番地のカルーゼル入り口からだとスムーズに入れます。ドゥノン翼の入り口を入り少しまっすぐに進むと正面に階段があります。その階段に隠れるようにひっそりとエレベーターがあり、最上階で降りるとモナリザの部屋の真裏に着きます。
エレベーター付近は人もいなくて、朝の人の少ないうちにまずモナリザを鑑賞しようかと。

e0002850_005917.jpg

25年前は、(こんなに近くで、しかも何も遮るものなく・・・)と驚いたような記憶がありますが、現在は何重にもバリアがあって、鑑賞するどころではありませんでした。

e0002850_031571.jpg

古代ギリシャ・サモトラケのニケは、その石膏像が私の通った美大のエントランスにあり、思い入れがあります。左側から見ると特に躍動感が素晴らしく、圧倒されます。

e0002850_07268.jpg

写真がうまく撮れなくてここには載せられませんが、古代のガラス器や工芸品の美しさ、精巧さに魅せられました。「素晴らしい。素晴らしいわ。」と心で連呼しながら鑑賞しました。

e0002850_083541.jpg

ルーブルは、もちろん収蔵品も素晴らしいですが、建物も。
元々は1190年にパリ防衛のための城砦として誕生したそうですが、その後宮殿になりました。
美術館計画が始まったのは、1793年フランス革命後のこと。
1989年にガラスのピラミッドが誕生したのだそうです。

e0002850_011231.jpg

途中にランチ休憩もしてゆっくり鑑賞した後は、パレ・ロワイヤルやパサージュなどを見ながら歩きました。

e0002850_0124930.jpg

パレ・ロワイヤルは残念なことに工事中でしたが、工事中の柵もおしゃれでした。

e0002850_0133230.jpg


素敵なパサージュのお店をウィンドウショッピングしたり、お茶したり、スーパーマーケットを見たりしながら、夜の「LIDO」のディナーショーまでの時間を過ごしました。

e0002850_0155962.jpg

25年前、父に連れて行ってもらった「LIDO」。
初めて見る世界にとてもわくわくしたことを憶えています。
今回は母親として、せっかくの機会に娘に見せてあげたいと思って。

シャンパンを飲み、おいしくディナーを頂いて、優雅なムードの中での鑑賞。
とても楽しめました。行って良かった・・・。
今度は「ホワイトホース」も見てみたいです。
[PR]
by moon-pon | 2012-09-07 01:03 | アルバム | Comments(6)

ヴェルサイユ宮殿見学のあとは、パリ市内へ戻り、ルーブル近くのレストランでランチ。
その後はオランジュリー美術館へ行きました。

チュイルリー公園。
オランジュリー美術館、そして遠くにエッフェル塔が見えます。
e0002850_21375766.jpg


コンコルド広場のオベリスクが見えます。
フランス革命時には、ルイ16世、マリー・アントワネットなど1343名が処刑された場所。
e0002850_21385787.jpg


オランジュリー美術館。
もともとナポレオンの命で造られた場所で、
冬の間オレンジなどの果樹を保護しておくための温室だったとか。

モネの「睡蓮」、ほか画商ポールギヨームのコレクションが展示されています。
「睡蓮」の絵はずっと大好き。
25年前もここで感動しました。そして今回も。
美術館は変化していますが、「睡蓮」はやはり至福の時間を与えてくれました。
e0002850_21394610.jpg


その後は、シャンゼリゼへ。
パリといえば、シャンゼリゼ♪
華やかで楽しいショップがたくさん並んでいます。
e0002850_21403193.jpg

ここは車のショールーム。
派手なディスプレイに惹かれます。
e0002850_21411850.jpg


路上パフォーマンス。バルセロナを思い出しました。
e0002850_2142057.jpg

LOUIS VUITTONの本店。
私は店内には用はありませんが、ウィンドウに草間弥生作品が飾られているので記念撮影しました。
e0002850_21424572.jpg

等身大のリアルな草間弥生像。

e0002850_21433925.jpg

凱旋門。
たくさんの警官が整列して何か行われているようで、
上にのぼりたかったけれどあきらめました。
e0002850_21442834.jpg

帰りはホテルまでずっと歩きました。
途中、道路に絵を描いている人がいました。
e0002850_21451486.jpg

[PR]
by moon-pon | 2012-09-04 22:18 | アルバム | Comments(6)

e0002850_0515612.jpg

今回の旅行はパリ市内の美術館や街を歩くことがほとんどでしたが、
この日だけは、以前パリに5年間住んだことがありたまたまバカンスに来ていたU氏に、
ヴェルサイユ宮殿まで連れていっていただきました。

朝9時半頃に到着。気温が低くて、カーディガンをはおっても寒いくらいでした。

e0002850_0523296.jpg

宮殿の中は絢爛豪華。
ここは鏡の回廊。正殿と王妃の居室をつなぐ全長73mの回廊です。

ヴェルサイユ宮殿は、現代美術の展覧会を10年間継続的に開催するプログラムを行っているそうで、現在はポルトガル在住のアーティストであるJoana Vasconcelos(ホアナ・ヴィスコンセロス)の作品を展示しています。
e0002850_0532649.jpg

↑ これはなんと鍋でできています。

e0002850_0541557.jpg


他にも多くの作品が飾られていました。

e0002850_0545718.jpg


ここは王妃の寝室。
3人の王妃が利用し19人の王の子がここで誕生したとか。
今はアントワネット時代の家具や装飾が展示されているそうです。
e0002850_0574944.jpg

壁紙がとってもきれいで憧れます。
こんな寝室で眠ってみたい・・・。
e0002850_0582896.jpg


庭園は広大でいい気持ち・・・。ちょうど陽も差して。

ここにも作品が展示されています。
e0002850_0591566.jpg

素晴らしい歴史的建造物に現代アートの展示を行うことは賛否両論あるようですが、
私は現代アートが好きなので、とても楽しめました。

古いものを大切にしながら新しい感覚を求め取り入れていくパリの姿勢は素晴らしいと思います。
[PR]
by moon-pon | 2012-09-02 01:30 | アルバム | Comments(8)

e0002850_15482995.jpg
e0002850_15493919.jpg
e0002850_15502431.jpg
e0002850_15511413.jpg
e0002850_15522672.jpg
e0002850_1553995.jpg
e0002850_155488.jpg
e0002850_15552865.jpg
e0002850_15561135.jpg
e0002850_15565466.jpg

[PR]
by moon-pon | 2012-08-29 15:57 | アルバム | Comments(10)

P A R I S  2   

オルセー美術館のあと、装飾美術館を鑑賞しました。
美しいパリの橋。
e0002850_2018914.jpg



鳩も、ひとも、陽の光を求めて。
e0002850_2019251.jpg
e0002850_20204232.jpg
e0002850_20215077.jpg


ノートルダム寺院。
1163年から200年の歳月をかけて作られたフランス初期ゴシック様式の建築。
その優美さは「白い貴婦人」とも呼ばれるとか。
寺院の周囲には大勢のひと。
中にはバラ窓と言われる素晴らしいステンドグラスがありました。ドアの装飾も素敵。
e0002850_2023886.jpg

e0002850_20251949.jpg

e0002850_20262622.jpg


オペラ地区にあるデパート ギャラリーラファイエット・メゾン館。
カラフルでかわいいキッチン・インテリア用品がいっぱいありました。
e0002850_20272563.jpg
e0002850_20281552.jpg

[PR]
by moon-pon | 2012-08-28 20:49 | アルバム | Comments(2)

8月20日(月)の夕方にPARISに到着しました。
その日はホテル近くのお店でカレー風味の焼きそばを購入。
25年前は街では英語が通じなかったけれど、今は街では英語が使えます。
拙い英語を駆使してなんとか買えました。
・・・・・・


8月21日(火)
この日から行動開始です。
火曜はルーブルなど多くの美術館が休館日。
今日はオルセー美術館に行きましょう。

e0002850_151116.jpg
e0002850_155304.jpg
e0002850_156153.jpg
e0002850_15832.jpg

オルセーでは、ロートレック、セザンヌ、ゴッホなど多くの画家たちの筆跡を目の当たりにして心が震えました。

オルセーのレストランはガブリエル・フィリエの天井画が美しいのです。
ここでランチを頂きました。
e0002850_222299.jpg



オルセー美術館近くの橋。
こうして鍵を付けると願いが叶うのかしら・・。
e0002850_1594444.jpg

[PR]
by moon-pon | 2012-08-28 02:14 | アルバム | Comments(7)

し り と り リ ズ ム

e0002850_21375028.jpg

                   by 竜 太

さあ こえにだしてみよう

なんだかうきうきするかも
[PR]
by moon-pon | 2012-08-03 21:43 | アルバム | Comments(10)