ローマの松並木

e0002850_22203771.jpg

                                                  F60

父の絵です
金沢美大を1950年に卒業して以来
日展、光風会展、いしかわビエンナーレなどに出品してきました
80歳の現在
毎日キャンバスに向かって油絵を描き続けています
父の絵は、父の生きる姿そのものかもしれません
ご覧いただけたらうれしいです


   谷昭二 創作の足あと展

   10月3日(金)~8日(水)

   午前10時より午後6時(最終日午後5時まで)

   グリーンアーツギャラリー
               金沢市泉野出町4-13-26
                 tel. 076(245)7222








e0002850_22542660.jpg
                                        杉木立  F40


e0002850_22462136.jpg

                                 峠 残雪  F80


e0002850_22465459.jpg

                                 カタルーニャの松  F100

e0002850_22471523.jpg

                                    アトリエの静物  F50

e0002850_224732100.jpg

                            カサブランカの花  F10
[PR]
Commented by yasukon20 at 2008-09-24 08:02
おはようございます。
お父様も画家でいらっしゃるのですね。 
毎日絵筆を持っておられるとのこと 素晴らしいですね。
グリーンアーツギャラリーまで行けないわ~て思っていましたら
下にアップしていただいて 嬉しく思います。
ピンクとブル-を基調とされた(私の思いですが・・)絵に 優しさを私は感じています。
先日 大好きな90歳の堀文子さんをTVで観ました。お元気でした。
絵を描いておられる方は いつまでも若々しくてお元気ですね。
お父様もきっとそうなのでいらっしゃるのだろと想像しています。
お父様の個展 ご盛会をお祈りしています。

Commented by hisa33712 at 2008-09-24 14:31
素敵な、お父様の絵、私は好きです。
特に色あいが、好きな色です。
80歳になられるまで、描く事に、情熱を持ち続けて・・・

絵を描く事や、物を作り出すことは、気力と精神的なエネルギーが本当に大変な事です。

私は今64歳ですが、病気もあり、ただ、気力だけで、頑張っています。
青春時代に、とても、ひかれた、ある方の絵にを見て、画家になりたいとある方に学びましたが、私の書いた絵は、ことごとく、拒否されて、失望して、絵を描けなくなり、今も、描きたいと思いながらも、描けずにいます。

どうか、お父様が、いつまでも、思いいのままに描けますように・・・


Commented by 五郎 at 2008-09-24 22:29 x
そうかあmoon-ponさんの芸術の感性はお父様譲りなんですね
大きなキャンバスに精力的に描かれていますね、素晴らしい作品ばかり
もっと近ければ見にいけるのに、少々遠すぎます、この写真で我慢を
することにします、
R太君にも芸術家の感性が伝わってますよね!
Commented by moon-pon at 2008-09-24 22:53
yasukon20さん。
ありがとうございます。
私も父の絵が大好きです。
Commented by moon-pon at 2008-09-24 23:01
hisa33712さん。
ありがとうございます。
父は毎日絵を描き、
「絵を描くことができて、ほんとうに幸せだよ。」
と言っています。

若い時の話、とても残念な気持ちで読みました。
ひとは皆、表現するために生きているのだと思います。
絵だったり、詩だったり、お料理だったり、いろいろ表現手段があると思いますが。
もしhisa33712さんが、今も絵を描きたい気持ちがおありなら、
ぜひ描いてみたらいいと思います。
うまいとか下手だとか、そんな価値観に囚われずに描いてください。
ひとに見せるためでなく、評価を受けるためでなく、
自分自身のために・・・。
Commented by moon-pon at 2008-09-24 23:06
五郎さん。
ありがとうございます。
いつも父の絵を眺めて育ってきたので、父の絵に影響を受けていることはまちがいないと思います。
DNAなのか、環境なのか、それとも両方でしょうか。


Commented by azure_garden at 2008-09-25 00:43
こんにちわ、ゆらです。

そうでしたね、お父様も画家さんなんですよね
「絵を描くことができて、ほんとうに幸せだよ。」というお父様の言葉
良いなぁと思いましたね。

黄色がすごく映えていて
黄金色のようにキラキラしてるようにも見えて素敵です
Commented by 55aiai at 2008-09-25 11:08
すごい!色の深みがすごいです。
で、ローマの松はそんな形なんだと、驚きました。
ひとつひとつの色が柔らかくて素晴らしいと思いました。
私は色感覚がいまひとつ育っていないので、こういう絵画もちょくちょく観にいかないとな~って思いました。
Commented by jasminetea-m at 2008-09-25 14:53
80歳になられ、毎日続けられる楽しみがあり、それが創造的なことであるなんて・・・なんて素晴らしい生活でしょう。
私もずうっとそう目指していますが、現実にはきっと難しいことなんだろうな・・・とこの頃感じていました。
そしてお父様の影響を受けて、絵を描く世界に自然に入られたmoon-ponさん。
お父様を尊敬されていらっしゃる様子が伝わってきます。
素敵な親子関係ですね。
Commented by moon-pon at 2008-09-25 21:53
azure_gardenさん。
こんばんは。

父は画家ですが、私は画家とは言えません。
絵を描き続けるということは大変なことだと思いますが、
自然の風景、特に外国で出逢った松、
カサブランカの花などに魅せられ、
描かずにはいられなかったのだと思います。

ローマの松並木ですが、
写真ではうまく伝えられませんが、金色のような色になっています。
Commented by moon-pon at 2008-09-25 21:55
55aiaiさん。
ありがとうございます。
色って不思議ですよね。
絵の具のチューブから絞り出した色なのに、
描くひとによって違う色になる・・・。
Commented by moon-pon at 2008-09-25 22:02
jasminetea-mさん。
ありがとうございます。
父の世代は、戦争の影響を強く受け翻弄されることも多かったけれど、
絵画に出逢い、絵画によって生き続けることができたのかもしれません。
退職してからは、まさに自分の時間を生きている感じがします。

私は絵を描くだなんて言えないです・・・。
Commented by horaice at 2009-01-15 22:48
始めまして☆こんばんは。
今週のピックアップブロガーのところから、訪ねてきました。
お父様の絵・・・ハッと目に留まりました。moon-ponさんの感性もご両親から来ているのかなぁ・・と思いました。初めてなのに、勝手なこと言ってすみません。リンクさせて頂きます☆よろしくお願い致します。
Commented by moon-pon at 2009-01-15 23:08 x
はじめまして。
ようこそ、ありがとうございます。

父の絵に何か感じていただけたみたいで、とてもうれしいです。
私のルーツはまちがいなく、父と母なのでしょう。^^
by moon-pon | 2008-09-23 23:01 | | Comments(14)