出逢うということ

e0002850_22484598.jpg

近くなのに 気づかないでいた

そのときからあなたは存在する


本多の森。
石川県立美術館の後ろにある森です。
遊歩道があり、中村美術館へ下りることができます。
そこは何度も通っていたのですが、
他にも通り道があるのですね。
今日は初めて別館の裏手へ行ってみました。
こんなに古くて大きな木があって驚きました。
[PR]
Commented by jasminetea-m at 2010-03-07 12:49
誰に見られることもないような山の斜面に咲く花を見つけた時も、ある種の感動を覚えますね。
「誰にも気づかれず、あなたは毎年ここで花を咲かせていたの?」と健気さにジーンとしたり・・・。
Commented by marie_josephe at 2010-03-07 14:13
全盛期の時には、逞しく存在感を強固にしていたのでしょうか?
きっと、シッカリと自分らしく生きてきたのでしょうね。
そんな生き方が出来る強さ、美しさを感じますね(@_@。
Commented by nikon1001 at 2010-03-07 22:12
まだまだいっぱいありそう^^
発見は感動を生みます:そして写真も^^
Commented by chocolate_poison at 2010-03-07 23:47
森の中を彷徨い潮騒が聞こえたときの安堵感。
遠い記憶から。
それでもまた森に住んでいます。
Commented by yukki at 2010-03-08 03:00 x
ランキングから飛んできました!ブログとても興味深いです、また読ませてもらいます。
Commented by moon-pon at 2010-03-08 22:50
jasminetea-mさん。
ほんと、すっごい共感します。

知らなかったことって、存在していないわけではなくて、
ちゃんと存在しているのだけど・・・。
Commented by moon-pon at 2010-03-08 22:55
marie_josepheさん。
私が子どもの頃、
この近くは小さな公園になっていて、
くるりくるりと曲がりくねった、長い滑り台がありました。
当時はそんな長い滑り台は希少価値だったので、
憧れの場所でした。
なんだか、モノクロ写真のような子どもの頃が想い出されて・・・。^^
Commented by moon-pon at 2010-03-08 22:57
nikon1001さん。
ブログのために写真を撮るという習慣がなかったら、
きっとここへは行っていないと思います。
カメラのおかげで、
ちょっと足をのばすことができますね♪
Commented by moon-pon at 2010-03-08 23:08
chocolate_poisonさん。
森と林って、
木の本数が多いか少ないかだけじゃなくて、
違うものなのでしょうね。
森は何か奥深くて謎めいていて、ちょっぴり怖い。
Commented by moon-pon at 2010-03-08 23:12
yukkiさん。
はじめまして。ようこそ、ありがとうございます。
また遊びにきてくださいな。
by moon-pon | 2010-03-06 23:30 | 今日の風景 | Comments(10)